« 2012年も 残り・・・3 | トップページ | 故郷のうまいもん  2 »

2013年2月16日 (土)

故郷のうまいもん  1

 娘が一種の信仰と自分のことを云うほど 食材はほとんどCOOPで済ます 先日 魚売り場を物色していたら 「ひみの寒ぶり!」{天然もの!」という文010 字が飛び込んで来た 「!?」 ・・・京都にきて39年 生きた魚が店さきの板の上で飛び跳ね 地引網の手伝いをしてキトキトの小魚をもらったりした氷見の海岸で育った自分には スーパーにある魚は食べる気がしなかった それでも暫くしたら 伊勢や若狭の近海ものを販売する店ができた 美味かった・・・流通がよくなって スーパーでも近海ものが並び始めた・・・ところが科学が進歩したおかげで「養殖」の魚が安価な値で出回るようになった 美味いと感じなくなって いつのまにか魚好きから肉好きに変化していた それでも天然物が出たときは少し値が張っても買う 氷見の寒ブリがCOOPの店で見たのは初めてだ これは買わないってわけには011いかない!! 切り身で塩焼きか 照り焼きか 煮付けか・・・迷った末 「アラ」を買って「鰤大根」に挑戦することにした かって本場の富山から送られてきた「鰤大根」に近い味が出せるか!?樟葉の店で食べたのは期待はずれだった ・・・かくして夕食には 富山コシヒカリ(これは大阪西船橋のCOOPで見つけた・・・最近ははこちらの店の方が気に入っている)のごはんと野菜自販機で買った地元のほうれん草のおひたしと大成功の「鰤大根」が並んだ 脂がのって まっこと美味美味!    

|

« 2012年も 残り・・・3 | トップページ | 故郷のうまいもん  2 »