« 同期会と ついでに白馬まで 2 | トップページ | 同期会と ついでに白馬まで 4 »

2012年11月 2日 (金)

同期会と ついでに白馬まで 3

ぐっすり寝た 目覚めはすっきり 朝風呂に入って なお元気 白馬三山を眺めながらの入浴はテンションがあがる 朝食のため昨夜のダイニングレストランへ入って目を見張る128  広く切り取られた窓の向こうには 後ろ立山連峰が迫っている 五竜岳 八方尾根 白馬ジャンプ競技場 白馬鑓ヶ岳 杓子岳 白馬岳(シロウマダケ) 小蓮華岳 白馬乗鞍岳がずらりと並び目に飛び込んでくる 言葉にならない感動に満たされる 山々を目前に朝のコーヒーをゆっくり味わう

今日は八方池を目指す 昨夜頼んでおいたお弁当をリュックに入れて 八方駅までホテルの車で送ってもらう ゴンドラリフト「アダム」で兎平駅 アルペンクワッドリフトで黒菱平へ 気温が低くなる グラートクワッドリフトで八方池山荘へ・・・第一ケルンだ 八方池まですぐそこだ・・・と思った ところが「ここから池まで2:30あなたなら30分で行けますよ」?! 厳しいけれど近道と自然研究路という迂回路がある さてどうする?!見わたすと こどもや年輩の人たちも 近道を選んでいる 無理だったら引きかえそうと近道を選択 石を選び石をよじ登り時にはロープの助けを借り黙々と進む  138 右手の白馬三山が背中を押す 左手には色とりどりパラグライダーが大きな鳥のように飛んでいる 紅葉が美しい・・・が歩いても歩いても池は見えない 「八方池はまだまだですか?」「あの丸い山を越えた先です もうすぐですよ」「・・・」「・・・」「・・・」 第二ケルン そして 第三ケルンに到達 そこに「八方池」があった リフトを降Photo りたところが1830m八方池のところで2080m 尾根歩きを少し体験できてとても満足 これが初めで多分終わりと思う ここから2696mの唐松岳へは登山装備を必要とする本格登山となる 帰りはみんな迂回路を降りる 景色に見とれていたら 躓いて滑落(?!) 吃驚してその辺の草を掴む 下山のほうが足にくる リフトとゴンドラを乗り継いで八方駅 足はヘロヘロ 蟹股歩行・・・ホテルに戻り温泉でゆっくり・・・お客が多い割には小さめのお風呂だが 疲労と足の痛みが溶けて流れるようだ    

|

« 同期会と ついでに白馬まで 2 | トップページ | 同期会と ついでに白馬まで 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同期会と ついでに白馬まで 2 | トップページ | 同期会と ついでに白馬まで 4 »