« 季節はずれの収穫 | トップページ | 同期会と ついでに白馬まで 2 »

2012年10月31日 (水)

同期会と ついでに白馬まで

5年ぶりに高校の同期会があった 兄弟に逢いに故郷に帰る感じである 漫画 「ほしのふるまち」 「寒鰤」 海越しに臨む「立山連峰」 「氷見線」などで全国ブランドとして名前が知られるようになった 今度は「番屋街」というものを立ち上げ 観光の目玉にするようだ 今まであった「海鮮館」はそこに吸収になった126  丁度オープニングの翌日で大勢の人で賑わっている ディズニーランドからミッキーたちに来てもらいパレードをするらしく こどもたちが沿道を埋めていた127  「脇」行きの路線バスに乗り海岸線を走る かっての実家があった場所を通る こどものころ陣取りをして遊んだ「魚取り神社」を通る 九殿浜で降りて会場の「ひみのはな」に入る 懐かしい顔ぶれが「こっちこっち!」と出迎えてくれる すでに安心感に浸る 先ずは温泉で長旅の疲れを取る 遠くから参加した自分達はひな壇が指定席 みんなが見わたせてよい場所だった 遠くから来た自分は恩師に胡蝶蘭を贈呈する役をする 須磨に流された光源氏の授業が面白かったM先生 外国の文学を英文でその「妙」を伝えてくれた「O先生」 苦手な数学を好きにしてくれた今は亡き「F先生」すばらしい恩師のおかげで 落ちこぼれなかった今の自分がある 仕事をすっかりやめてストレスから解放された同期の顔は心なしか5年前よりすっきりと元気なようにみえた 二次会で歌いまくり 女子4人布団の中で2:30まで語る 乙乙・・・

 

 

|

« 季節はずれの収穫 | トップページ | 同期会と ついでに白馬まで 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節はずれの収穫 | トップページ | 同期会と ついでに白馬まで 2 »