« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

同期会と ついでに白馬まで

5年ぶりに高校の同期会があった 兄弟に逢いに故郷に帰る感じである 漫画 「ほしのふるまち」 「寒鰤」 海越しに臨む「立山連峰」 「氷見線」などで全国ブランドとして名前が知られるようになった 今度は「番屋街」というものを立ち上げ 観光の目玉にするようだ 今まであった「海鮮館」はそこに吸収になった126  丁度オープニングの翌日で大勢の人で賑わっている ディズニーランドからミッキーたちに来てもらいパレードをするらしく こどもたちが沿道を埋めていた127  「脇」行きの路線バスに乗り海岸線を走る かっての実家があった場所を通る こどものころ陣取りをして遊んだ「魚取り神社」を通る 九殿浜で降りて会場の「ひみのはな」に入る 懐かしい顔ぶれが「こっちこっち!」と出迎えてくれる すでに安心感に浸る 先ずは温泉で長旅の疲れを取る 遠くから参加した自分達はひな壇が指定席 みんなが見わたせてよい場所だった 遠くから来た自分は恩師に胡蝶蘭を贈呈する役をする 須磨に流された光源氏の授業が面白かったM先生 外国の文学を英文でその「妙」を伝えてくれた「O先生」 苦手な数学を好きにしてくれた今は亡き「F先生」すばらしい恩師のおかげで 落ちこぼれなかった今の自分がある 仕事をすっかりやめてストレスから解放された同期の顔は心なしか5年前よりすっきりと元気なようにみえた 二次会で歌いまくり 女子4人布団の中で2:30まで語る 乙乙・・・

 

 

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

季節はずれの収穫

一坪ベランダ菜園では 不順な天候のせいか 本当なら 8月に最盛期のオクラやピーマン057  獅子唐が9月後半から10月に向けてどんどん花が咲き実を結び成長して 収穫の運びとなった ほとんど諦めつつ 本来の粘り型性格のため 朝一度の水遣りと2週間に一度の化成肥料は続けたところ まずオクラの花に気がついた 次にぷっくりとしたピーマンに気がついた そしてだらんと伸びた万願寺獅子唐に気がついた 植物は 実を付けても 外敵から実(身)を守るためか葉っぱに隠れるように成長する トマトは真夏の短い期間に早々その任を全うしたように見えたが(収穫したものは冷凍庫に赤いビー玉のように保管)花が可愛いので 004 観賞用として置いていたら 実を結び 大きくなり 時間をかけて色づき とうとう自分の胃袋におさまった 信じられない甘さだが 1個ずつ 日にちをかけてのこと 気の長い話だが 愛しさ倍増である 10月半ば過ぎてさすがに 成長がゆっくりになった

120 もう10数年前になるだろうか 職場の草引きをしていたら 「市の花」皐月にまざって ひょろっとした木があった 引いてほかそうかと思ったが芙蓉のような気がして家のマンションの庭に植えた それが今では大きく育ち 花が少なくなった9月にピンクの花が咲き 寂しくなった庭の華やぎとなった121    

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »