« 4泊5日綱渡りの旅 9 | トップページ | 東京 二人旅 »

2012年5月27日 (日)

4泊5日綱渡りの旅 10

パン 野菜 コーヒーの簡単朝食を済ませ 朝のお勤めも無事に済ませ 7:44のバスに乗る 朝からしっかり雨 でもホテルのすぐ前から乗るのでたいしたことはない 「仮設前」からも乗客 学生も乗る 宮古着8:33 快速リアス 山田線 宮古初9:31に期待満々で乗る ピュッの後 雨に煙る山々を眺め ピュッの後 山々の稜線をスケッチする 新聞を読み終えた年輩のほっそりしたおじさんが鞄から薄い冊子をいくつか取り出し見るようにすすめてくれた 宮古市が出している月刊誌だった 宮古市を襲った津波の写真が載っていた 「おじさん こんなところに舟が写ってるよ!」「末広町という宮古市の中心なんや」「そうなんやここも大変やったんやねエ」「閉伊川に架かる鉄橋も壊されて釜石方面の線路は断絶!」「お家は?」「すごい揺れの後 がたっ・ぴしっと音がしたので外を覗いたら津波・・・急いで二階へ・・・」国道45号線の道路のおかげで膝ぐらいの浸水で止まったのだそうだ 交通が動き始めてから相模原の息子たちが寝袋持参で片付けにきてくれたそうだ「これから千葉の娘の子が結婚するので行くところ・・・この冊子を見せてやろうと思って・・・それと」鞄からごそごそとり出したもの「田老の海の鴎が飛んでいる帆船」「あ ボトルシップやね」「お祝いにと思って・・・船はピンセットでビンの中で作る 鴎がコルクの蓋の先にとまっている ビンの口より大きい鴎がどうしてか・・・5分考えて」しばらく考えてもわからない「教えて!」「教えません」「えエーッ」「ところで結婚式なのに奥さんは?」いきなり肘で小突いて「私80代 おっかアは3っ年上 足が悪いので 留守番 寂しかったら 高台にいる妹の家に行っとけというてきた」他にも絆という文字のはいった黒竹細工のコースターを披露してくれた 「おじさん 今度地震があったらすぐに高台に逃げるのですよ!お元気で!」と別れた 盛岡には11:34に到着 牛肉のみそ焼き弁当を買って12:10発のやまびこに乗る(おじさんは盛岡でゆっくりお昼を食べて14:10のやまびこに乗るらしい) 15:24東京着 15:30発のひかりに乗りたい 乗り場が離れているので俊敏に動く ギリギリに間に合う 福山雅治の歌を聴きながら18:15に無事京都着 切り取って持ち歩いた時刻表のおかげで予定よりかなり早く着いた ・・・被災地の方々をただ思いやるしかなすすべの無い非力な自分は その後 京都の家でぼんやりと過ごすばかりだった 

|

« 4泊5日綱渡りの旅 9 | トップページ | 東京 二人旅 »