« 久しぶりの故郷の旅 2日目 | トップページ | 久しぶりの故郷の旅 4日目 »

2012年4月15日 (日)

久しぶりの 故郷の旅 3日目

新湊のすぐそばの高岡市の三角旅館が今日の宿・・・港にも万葉線の中新湊駅に近いので決めた 素泊まりなので 「川の駅 新湊」でかまぼこやらパン 途中でビールなど仕入れて 部屋で ローカルテレビを見ながらくつろぐ 廊下を隔てた部屋には立派な雀卓や椅子 出窓には花瓶や置物が置いてある なんかおどろおどろしい雰囲気だ 深く考えないで 明日に備え 早く寝ることにした・・・翌朝「おはようございます!」を連呼してやっと女将さんが起きてきた 「これから どこに いかれるが?」「立山にいくつもりなので早く出ます」「ケーブルに乗るがやったら 息子の会社でもらった家族割引券があるから使われ!」・・・富山の人は親切やちゃ・・・乗ってみたかった「万葉線」にのって「高岡」へ JRで富山へ朝食用にしゃけとぶりとあまえびの一口スシを買った 急遽決めた立山の「みくりが池温泉」 電話の話では コロコロ鞄は石畳の道路では無理ということなので たくさん着こんで荷物を最小限にしてコロコロの鞄をコインロッカーに入れた 地方鉄道で「立山」 ケーブルで「美女平」 高山バスで「室堂」 石畳の坂道を徒歩で 「みくりが池温泉」に到着した100_005  道中子どものころ氷見の海岸から海ごしに眺めていた「立山連峰」がしだいに大きく迫ってくる様に わくわく息を飲む思い 富山湾の「キトキトの魚」の源ともいえる立山から流れるミネラル豊富の水 その水を蓄える「ブナの木」をしっかりとこの「目」で見た 高校時代の思い出の「弥陀ヶ原」は自分と同じように年を重ねているようだ 雪のない「立山」や「剣」は「筋肉マン」さながら 目前に迫っていて 一気に頂上まで駆け上れそうな錯覚に陥った みくりが池でスケッチをしたが寒いので 「画」もちじこまってしまった 自然には所詮叶いっこないのである 特に自分の頼りない「力」では・・・

ひさしぶりの故郷の旅 2日目 訂正  

         立川志の輔の前→立川志の輔の実家の前 

|

« 久しぶりの故郷の旅 2日目 | トップページ | 久しぶりの故郷の旅 4日目 »