« 伊東温泉 3 | トップページ | ひよどり »

2010年12月27日 (月)

サントリー10000人の第九 佐渡裕&平原綾香

12/5 大阪城ホールで サントリー10000人の第九があった 日刊スポーツのゲストとして平原綾香が出るという記事が目にとまり カラ友を誘って行くことにした 10/16 10時から電話による予約 20分ほどでつながってチケットを手に入れた 当日は暖かい日和 京橋からプラプラ歩く 開演30分前に そろそろトイレに行こう・・・長い行列が二つ・・・より短いほうの列に並ぶが 長いほうはどんどん動きがあるのに短いほうは動かない・・・時間が無いのに・・・覗いてみると トイレの数がだんぜん長いほうが多かったのだ で長いほうに並び替えて どうにか間に合った 白黒の衣装の人たちは焦っただろうに

赤いチェックのドレスの平原綾香の低い声「エヴィリデー アイリッスン・・・」がいきなり聴こえてきた 戦慄が体を通り抜け 目の奥が痛くなった 終わりの方で10000人のコーラスも重なったときは 涙がぽろぽろでてきた 高校生なら「やばい!」と云う状態だ023  「Jupiter」「威風堂々」「LOVESTORY第九第三楽章」「JOYFUL,JOYFUL」「第九第四楽章」「蛍の光」

第三楽章は佐渡が言うには ここでは観客が居眠りをするところ ほんとはとてもいいところで 平原にカバーを依頼し 佐渡も今日初めて聴いたそうだ 第四楽章は 観客席の白黒衣装の人たち ソロ オーケストラが 佐渡の指揮のもとに一つになって・・・ 歓喜の歌が聴くものの体を包み うれしい気分にしてくれた・・・ 冬の日暮れは早く 大阪城が夜空にぽっかり浮かんでいた

 

 

|

« 伊東温泉 3 | トップページ | ひよどり »