« 伊東温泉 2 | トップページ | サントリー10000人の第九 佐渡裕&平原綾香 »

2010年12月 9日 (木)

伊東温泉 3

同室のS嬢は「私 3秒で眠る」の宣言どおり 布団にもぐるやいなやぴくりともしない 心配になって傍に寄ったら スースーと寝息がした 負けじと自分も寝る体制に入ったが 寝遅れ・・・それでも024 音楽を聴きながら いつのまにか・・・ 翌朝6:00入浴 頭も洗い 湯冷めをしないようにしっかり温まる ジャグジーは 渓流を流れる木の葉のように 体が翻弄され溺れそうになる 朝食はみんなおかわりをして 食欲旺盛 なかでも鯵の干物は「くろねこ」みたいに ゼイゴを残してすべてお腹におさまる 仲間の車で一碧湖を巡る 駐車場代金として 栗ぜんざいを食べる 鴨や太った鯉が餌を目当てに近づいてきた もらえないとわかったら諦めて泳ぎ去る 多少こげ色の紅葉も今が見ごろ 与謝020 野鉄幹と晶子夫妻の歌碑があった みんなで知恵をしぼって判読・・・東雲の空・・・鶯が鳴いている・・・そんな感じやった 車とタクシーで(車一台は浴室のリフォームのため先に帰った)次に行ったのは「伊東温泉道の駅」 お土産を物色後 温泉と休憩と食事ができる「海が見える立ち寄り天然温泉 シーサイドスパ」でゆっくりする 外装工事で海の見える露天は×だったが それでも広々ととてもよい温泉 寝不足の体も文字通り水をえた植物のようにシャキッとなった 女性専用の午睡の部屋は常備のタオルケットをかけ仰向けに寝れば天井は満天の星空・・・仲間に起こされて キンメダイの煮付け定食で昼食 旅の締めくくりとしては云うことなし・・・伊豆急で熱海に出てここでみんなとお別れ・・・チケットをこだまに変更して時間をかけて帰京した またよい旅に恵まれた 旅の友に新しく加わったのが「Transcend」で価格の割りにいい音がして軽くて 750曲も取り込めてラジオも聞けて優れものである 

  

|

« 伊東温泉 2 | トップページ | サントリー10000人の第九 佐渡裕&平原綾香 »