« 飯田線で行く! 天竜川 | トップページ | 飯田線で行く 南アルプス村 »

2010年5月 1日 (土)

飯田線で行く 竜峡亭

飯田線最初の宿は天竜川を眼下に望める 今は鄙びたこの地区では格式のある旅館・・・少し迷ったが誕生日プレゼントと思って決めた 調度も立派 ロケーションも抜群 そして和風会席は見た目も味も見事だった 「卯月の御献立」にそって料理が運ばれてきた 食前酒は「またたび酒」 先付は「菜の花胡麻味噌合え」・・・これが一番美味しかった 前菜は「天竜蜂」・・・蚕の幼虫でお客が吃驚するので馴染みのある蜂と名づけたらしい 「鯉有馬煮」など6種 あしらいの「香茸」「かわ茸」が珍味だった   造里「信州鯉のあらい」 強肴・凌ぎ・蒸し物・焼物・・・「岩魚」・ 煮物・酢の物・・・「アルプスサーモンサラダ巻」でするっと胃袋に収まった・御食事・水菓子・・・「豆乳羹林檎ゼリー」はのびた胃壁をきゅっと引き締めてくれた 日ごろ粗食なのでがんばっても完食はできない

翌朝 3回目の温泉に入った 天竜川の流れをがすぐそこ 冷気と温泉の温かさにヒッタッテいるとひらひらと舞い散るものが・・・桜の花びら・・・ではなくて雪だった 温泉は天然ラドン湯で自分には少しきついようで昨日は皮膚が赤くなり痒くなったが身体がすぐになじんで 心地よいものになった そしてもう一度 布団にもぐりこみ二度寝の贅沢をした 朝食はアマゴの焼いたものが美味017  ごはんもおかわり・・・画像は一口ガブッとやってしまったアマゴだ 赤い模様がきれいだったので   

|

« 飯田線で行く! 天竜川 | トップページ | 飯田線で行く 南アルプス村 »