« 飯田線で行く 竜峡亭 | トップページ | 飯田線で行く 続南アルプス村  »

2010年5月 6日 (木)

飯田線で行く 南アルプス村

携帯に入ってきたゼミ仲間のこのたびの幹事からの指示通り 飯田線天竜峡駅から在来線で2時間半あまりの伊那市駅で下車 路線バスでJR高遠駅 そこで迎えの車を待つ 桜のこの時期は道路の渋滞は半端ではない がそこは地元を良く知る幹事は裏道を駆使して すぐに来てくれた あちこちの満開の桜を縫うように031  後ろにまだ白く輝く中央アルプス 前に南アルプスの山並みにみとれているうちに南アルプス村の○○小屋に到着した 村を散策するうち 大分 岡山 愛知 京都 静岡 東京から みな揃って これからの予定のオリエンテーション(?)が始まった 昨夜の雪の重みで桜の枝が折れて危険だから 高遠の城址の中は入場禁止らしい ま、ならばみんなの「鼻」でも見ながら話に「花」を咲かせようということになった が 幹事が役所に電話したら夕方から入れるということがわかり 3台の車で急ぎ出かけることになった 遠くから来た観光バスなんかも諦めて引き返したので 駐車場はガラガラ 城址への入場料もタダ 程よい賑わいのなか 桜の花びら舞い散る ピンクにそまった城址公園のなか ゆったりとそぞろ歩きを楽しんだ これはわが京都 八幡の 背割り堤の自慢はできないと密かに思ったほど見事な景色だった 「ありすぎ・・・」とつぶやくへそまがり氏もいた そして帰途 期待の「絵島囲み屋敷」を見た 大奥大年寄り絵島が役者 生島新五郎との恋をとがめられ 生島は処刑 絵島は61歳の28年間幽閉された屋敷である047  たんに色恋沙汰ばかりではないようだが・・・夜は○○小屋の隣の「MOTHER TREE」で手作りの宴会が始まった 早く到着した仲間がスーパーで求めた惣菜 馬サシ ポテトフライ つくり 当館の特製カレーやお好み焼き 豚カツ みんなでちぎって作ったサラダ 缶ビール ワイン 焼酎 ・・・南アルプス村の夜はいつまでもにぎやかで 外は冷えて星が大きくまたたいていた

054

城址公園内の桜はデジカメの小さな画面には収まりきらなかった 視界はみなピンク・・・といううこと?!   

|

« 飯田線で行く 竜峡亭 | トップページ | 飯田線で行く 続南アルプス村  »