« 飯田線で行く 続南アルプス村  | トップページ | 平原綾香 Concert Tour 2010 »

2010年5月13日 (木)

飯田線で行く 天龍村

電車に乗ったとたん 睡魔との闘いが始まった 途中飯田で下車 特急「ワイドビュー伊奈路4号」に乗り換えなければならない 幸い男子高校生が大勢乗ってきて 青春小話が勝手に耳にとびこんできたのでなにげに楽しみ元気をもらった どうも長野は知事選が近いのか あの人はどうのと品定めが始まった 「田中さんやったらなんかやってくれそうやったダニ」・・・ヘッ!長野県はさすが昔から教育熱心・・・選挙が高校生の話題になるなんて 京都とはえらい違いや!・・・おかげで乗り過ごすことなく飯田で特急に乗り換えて最後の目的地(休憩所)平岡に降りた 伊那市駅からほぼ2:10の行程 ここから 一日2本の村営バス(運転手は公務員)に乗って30分ヘアーピンコースの山を分け入る お客は自分だけ 「芽吹き色」の山々に目をやりながら ずっと (今年度退職の)運転手さんとしゃべり続ける 国の政治 村の生活 退職後のことなどなど・・・橋を渡ったところが今夜の宿泊所「坂本旅館」である 「川と山しかないところダニ」のおかみさんの言葉と055_2 テレビに偶然出てきた「おきよめの湯」が決め手となった旅館だ 「おきよめの湯」は鄙びた山中には不似合いな健康ランド並みのスケール 桜を目の前に露天風呂を楽しむ さて夕ご飯・・・「量の多いのがここのおかみのもてなし」に嘘偽りは無く半端な量では無い・・・ 寝不足の自分の胃袋は 即拒否反応をおこした 4人前はゆうにあろうと思われる鴨鍋 鴨肉を1切れつまみ 豆腐を1コつつき えのきを1すじすくい ため息・・・それでも公務員の運転手さんが言っていた「ぞうりのような五平餅」だけは胃に納めた 「菜っ葉の白和え」がとても美味しかった 「白いご飯もあるダニ」・・・「ゴメンナサイ いっぱい残して」「お客さんはコショクダニ」・・・普段が粗食なもんで・・・一つしかない温泉に・・・これがまったりとしてこの旅でいちばんよい温泉やった 坪庭風の庭がしつらえてありガラス戸の向こうにはやはり桜がひっそりと咲いている・・・布団には電気シーツが敷いてあり季節はずれの寒い夜も暖かく心地よくぐっすりと寝た064  翌朝おかみがひっそりと見送ってくれるなか昨日の公務員の運転手が旅館の前で拾ってくれた またしゃべりまくりながら平岡 そこから2時間足らずで豊橋 新幹線で京都・・・帰るべき場所があるということはとてもいいことと思いながら「家」にたどりついた        

|

« 飯田線で行く 続南アルプス村  | トップページ | 平原綾香 Concert Tour 2010 »