« アスパラガス | トップページ | 飯田線で行く 竜峡亭 »

2010年4月29日 (木)

飯田線で行く! 天竜川

学生時代のゼミ仲間が 南アルプス村で集まることになった 高遠の桜がいいからみんなで花見がてら逢おうということになった 新幹線はこだまで 京都~豊橋 そこから諏訪湖方面の岡谷まで延びる飯田線の伊那市駅下車 路線バスでJR高遠駅 乗り換えで南アルプス村という道程になる 前の四国や出雲の旅が頭をよぎり 今回も途中下車しながら目的地に辿り着くことにした どっかいい温泉がないものかと探るのは楽しい で ちょうど半分のところの天竜峡で下車することにして 天竜川のすぐ傍のホテルを予約した ちょうどサスペンス「天竜川殺人事件」が放映されたり ちかくの中学校の修学旅行で天竜川下りの舟がひっくり返り怖い思いをした場所でもあり 野次馬根性もあった 飯田線で見え隠れしていた天竜川は グリーングレイのような人工的な色で水かさも多く 流れもかなりの速さだった 「こっち」の方の山で雨が降れば粘土が流れてきて白く濁り 「あっち」の方の山で雨が降れば赤い岩の土砂がまざり茶色くなるらしい 今の季節は 桜のピンク 山吹の黄色 コメ花の白のコラボを楽しんで欲しいと「竜峡亭」の人が教えてくれた 「竜峡亭」の部屋のすぐ下を天竜川」流れている009_2  川下りの舟が通ったので 思わず手を振ったらみんなも手を振って応えてくれた 小雨のなか 川のほとりを散策 りんごが3こプカプカ浮いた 舟の形の足湯があった 川の流れに身をまかせぼんやりと至福のときが流れた015  

ちなみに天竜川の源流は意外なことに諏訪湖にあり(竜が暴れて諏訪湖の堤防が決壊してできた流れらしい) 中央アルプスと南アルプスに囲まれた南信州や・伊那谷の全ての水を集めながら静岡 浜松を通り太平洋の遠州灘に注ぎ込まれるそうだ 

|

« アスパラガス | トップページ | 飯田線で行く 竜峡亭 »