« 箱根路 5 | トップページ | 花形歌舞伎を観る »

2010年1月14日 (木)

箱根路 6

箱根施設めぐりバスに乗り換え 仙郷楼前で下車 ホテルリーカーブ箱根に入る チェックインには早すぎるので スケッチの道具だけ持って仙石原の「ススキ」に向かう 交通の便が悪く奈良の曽爾高原の「ススキ」を今回諦めたので いっそう期待に胸がふくらむ 最初は自分の住む男山のしょぼい「ススキ」のようだと思っていた ところが歩くほどに道の両側に「ススキ」広がる 観光的にはとうげを越した「枯れススキ」が「どうだッ!どうだッ!」と迫ってくる014_35  車がビュンビュン走り抜ける道路のわきにちょうどよい穴場を見つけ パステルでワサワサと描き始めた 細かく描くゆとりは無い 山とススキのコラボのだいたいを描いてみた039  先に進むうちに 陽が傾き始めた そして「ススキ」も白から金色・茜色にほんのりと色づき始めた 自分のカメラと腕ではではこの色は出ず残念・・・冷えも厳しく 暗くなり始め 心細くなりホテルに帰りチェックインをして部屋に落ち着く 温泉は源泉はやはり強羅と同じ白濁で 他にも温泉ではないが各種楽しむことができるようになっていた このホテルの「売り」は なんといってもバイキングで 小さな器に少しだけ盛った料理がずらりと並ぶ様子は お花畑のようでもあり おままごとのようでもあり 食欲が知らないうちに進む ステーキは握りずしの「ねた」なみの大きさで 絶対食べないだろうと思っていた ピザやおぜんざいまでぺろりとお腹に納まってしまう これがまたとても美味なところがうれしい それでも  「腹9ぶん目」でやめることができ 少し大人になった自分を感じた 満ち足りて 疲れて 曝睡 翌朝はすっきりと目覚める チェックアウト後ホテルから歩いて「ガラスの森美術館」にでかけ バスで箱根湯本 電車で小田原 新幹線で京都へ戻り箱根路の旅は終わった 日常の生活のなかで気がついたら 「塞ぎの虫」は退散していた 元気をくれた「関東の高校の同級生」に感謝! 感謝!   

|

« 箱根路 5 | トップページ | 花形歌舞伎を観る »