« 夏模様 | トップページ | 出雲 旅紀行 「スーパーホテル出雲駅前」 »

2009年10月 4日 (日)

出雲 旅紀行 特急 やくも

出雲大社で 御奉納公演 「元ちとせコンサート」の案内が届いたので 出かけることにした 山陽から山陰へ 地図では一跨ぎ そんなに遠くではないやろうと パソコンで検索してみた・・・京都から岡山まで新幹線で1時間 岡山から出雲市まで「特急やくも」で3時間 出雲市駅から出雲大社まで路線バスで29分の行程・・・考えていたよりは遠いが 「やくも」の車窓からの景観はすばらしく充分楽しめたとの口コミもあり わくわくで「やくも」に乗り込んだ まえの座席に還暦すぎの男性ばかりのグループがいた 発車間際に「切符やっとあったよ! どこにやったかと思っていたら 携帯に挟まっていたよ!」と座席に落ち着いた この男たち8人グループも出雲大社行きの様子 若い頃の野球チームの仲間のようでもあるし 目的はゴルフでも釣りでもないし なんやよう解らんグループだ そのうち切符男がながい(?)足をごそごそやり始めた かなり辛抱していたと思われる前の座席の女性二人連れは車掌に耳打ちして後部座席に移動した 切符男は 座席に両足をあげた 靴下は白い綿で幸い汚れてはいなかった そのうち 前の座席に移り肘掛を枕に熟睡体制に入った やれやれ・・・「やくも」は黄金色のたんぼや031 白い蕎麦畑をぬけ川の流れに逆らいながら 喘ぎながら山をわけいって行った 耳がキーンとなり 胃にもかなりきた トンネルをいくつか過ぎたところで 川の流れは「やくも」に沿ってきた 米子あたりで「大山」の車内案内があった030  富士のような形だった 反対からは鋸のような荒い姿を見せ 絵描き仲間が好むところで 日帰りバスで描きに行くという 大山に見ほれているうち 今度は宍道湖がどこまでもついてきた (米子から松江までは海か?) シジミの産地とか・・・きっと味噌汁はしじみにちがいない021  やっと出雲市駅に到着 切符男はヴィトンのボストンを忘れて行った      

 

|

« 夏模様 | トップページ | 出雲 旅紀行 「スーパーホテル出雲駅前」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏模様 | トップページ | 出雲 旅紀行 「スーパーホテル出雲駅前」 »