« 出雲 旅紀行 元ちとせコンサート | トップページ | スイフヨウ »

2009年10月12日 (月)

出雲 旅紀行 大社近くの旅館

出雲大社でのコンサートが終わったら歩いてすぐ帰ることができるように 大社近くに旅館を予約していた 夜のコンサートなので初めから夕食無しで予約を入れていた 観光地だから食堂が開いているだろうし 最悪コンビニはどこだってあるしと思ったのが甘かった 蕎麦屋は蕎麦が無くなったら 2時でも3時でも閉めるし 食堂は6時ごろには閉まるらしい 頼みの綱のコンビニは無い・・・お腹が空いて眠られないのは苦痛なので 土産物屋で 大きなどじょうすくいの饅頭(パンは無い)としじみスープとおこげぜんざいを買って旅館のおかみにお湯と器を部屋の前に置いてもらうように頼んだ コンサートから帰って お饅頭少しと しじみスープでおなかを満たした しじみはこれで3回食したことになる 温泉は無かったが少し大きなお風呂を独り占め(客は他にはいない様子) 久しぶりに畳の上で寝る ふと見ると 天井は竹を編んだもの 真ん中に皮のついたままの木が通してある・・・さすがに出雲・・・なかなかの風情・・・それにしても整然と編んである・・・?!・・・一箇所めくれてる・・・そういえば印刷した壁紙のようなものがあるって聞いたことがある・・・皮のついた木もおんなじ太さということは・・・もしかしたら床の間の花も・・・確認したら造花だった そういえば鍵を預けると ここに入れときますからと 受付の窓口のペンたてにひょいと入れたっけ おおらかな町やと思った・・・だんだん気になって 鍵の無いトイレの窓をあけてみたら すぐ屋根が続き塀に連なっていた ・・・簡単に賊が忍び込めるやん・・・マ、いいか・・・朝まで爆睡したのだった  朝食は隣の客室に用意された お櫃のごはん 煮豆 甘辛煮の小さなお魚 梅干とお漬物 ハムと卵焼きと生野菜  しじみの味噌汁(4回目で一番いい味)が並んでいた 昨夜の夕食分を取り戻そうとすごい食欲があり029  どれもしみじみと美味しく頂いた 満ち足りて正門前から路線バスで出雲市駅 らんぷの湯への未練を断ち切って 特急「やくも」 新幹線 近鉄 京阪と乗り継いで無事帰宅した 車窓からのたんぼは さらに豊かな黄金色になっていた   

|

« 出雲 旅紀行 元ちとせコンサート | トップページ | スイフヨウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出雲 旅紀行 元ちとせコンサート | トップページ | スイフヨウ »