« 吉田拓郎 幻のコンサート・つま恋  | トップページ | 空 »

2009年8月 4日 (火)

映画「剣岳~点の記」

この映画を観た友達が「立山から富士山がみえたよ」と云い 英文法の恩師のブログで「映画の全体にクラシックのビバルディの四季が流れていた」というのを読んで これはぜひと思って行ってきた 家からバイクで10分ばかりの映画館はなんとAM9:05の一日一回だけ8/7までの興行で とわかり 明日から娘たちが帰省するので今日しかなかった ビバルディの四季にのって繰り広げられる立山連峰の峰々は壮大で綺麗で激しく わが故郷ながら誇らしい気持ちになった 18才まで 海を隔てた対岸ごしに立山連峰を見て育ったのに 剣岳がどれかなど意識しないままに故郷を後にしたのは情けない 映像を観ただけだが富士山は外から観て素敵だが 立山連峰は外からも中からもいいもんだと思った それにしても木村大作監督は 奇人変人の類のお方で まさに狂気の沙汰のロケとしか思えない おかげで素晴らしい映画を観せていただいた・・・ただ 地図を作る上で三角点とかの点がどう必要なのかがよく解らないノデス  

 

|

« 吉田拓郎 幻のコンサート・つま恋  | トップページ | 空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉田拓郎 幻のコンサート・つま恋  | トップページ | 空 »