« 吉田拓郎  都市公演 名古屋センチュリーホール | トップページ | 映画「剣岳~点の記」 »

2009年7月29日 (水)

吉田拓郎 幻のコンサート・つま恋 

拓郎の名古屋のコンサートはほんとによかった!満足感100パーセント・・・もう一回・・・静岡は掛川のつま恋に行きたい・・・パソコンで拓郎コンサート関係をうろうろしているうちに・・・なんと つま恋のチケットを手に入れることができた もちろん値段も「プレミア・チケット」だ! しかも届けられたチケットは「14列16番」・・・これなら双眼鏡は不要だ!・・・ところが 体調不良で7/8のグランキューブ大阪のコンサートが中止になった 福岡・広島・兵庫も中止 つま恋は2週間後に容態をみて決めるという そのときにはもう自分の心は決まった たとえ中止になってもつま恋には行く・・・コンサートはやることに決めて 拓郎はつま恋に向けて車で移動中 川崎で気分が悪くなり急遽引返した 7/24 日刊スポーツで中止を知り 自分はつま恋のホテルを連泊に変更した どっぷりつま恋に浸るつもりで・・・ヤマハが開発したつま恋リゾートは東京ドーム36個分という広大な土地は自然と共存して音楽・スポーツ・温泉がコラボしてなんともいい感じ・・・中の移動は 徒歩032 ・15分ごとのバス・ゴーカート・自転車と体力に合わせて快適である 初日は雨 疲労もピーク 温泉に入り バイキングの夕食をすませ 拓郎のテープを聴き早々と就寝・・・2日目 今日はどうしても行かねばならないところ「Concert in Tumagoi1975」と「「Forever  Young Concert in Tumagoi2006」・・・拓郎とかぐや姫のつま恋コンサートの行われた広場だ・・・多目的広場の職員の方が舞台がここでと親切に教えてくれた よいお天気で日傘をさしながら 周りを歩いた DVDでしか観たことがないのに当時のことが目の前に繰り広げられるようだ 同じ気持ちのカップルがいて お互いにデジカメのシャッターを押し合った 午後からは エキジビションホールに・・・風の吹き抜けるホールの一番高いところに座ってみる035  舞台では 「たくろう」ののぼりを持ったグループが「がんばらなくて~」と歌っていた039  それを聴いているひと他にもたくさんいた 目の奥が痛くなった・・・外では東京から来たひとが車の前で「ぼくらはきょうまで~」と歌っていた これもよいコンサートではないか!「つま恋温泉森林乃湯」のひとが拓郎と奥さんの話をしてくれた042 「ぼくは ゴーカートに乗りたかったんだよ」「ぼくはスポーツがきらいなんです」・・・これで拓郎のコンサートがあったらテンションがあがりすぎてどうにかなっちまったかもしれないのです

     

|

« 吉田拓郎  都市公演 名古屋センチュリーホール | トップページ | 映画「剣岳~点の記」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉田拓郎  都市公演 名古屋センチュリーホール | トップページ | 映画「剣岳~点の記」 »