« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月25日 (木)

ベランダ菜園  3

市民図書館から 稲山光男著「まるごと楽しむキュウリ百科」と永田照喜治著永田農法「極上トマト」をベランダで作るとサン農園監修「とっておきのキッチンガーデニング」を借りてきました いろんな「不思議」がす~っと解明されて 野菜(自然)の持つ力の見事さに「ほー」「へー」とため息がでるばかりでした キュウリには一本の木に雄花と雌花が咲き雄にも雌にもなりうるものが窒素肥料が多いと雄花 肥料分や水分が少ないと雌花になる・・・ストレスが多いと早く子孫を残そうとするかららしいです 家のは圧倒的に雄花が多いのは 過保護だったからのようです キュウリの巻きひげはなんのためにあるか・・・巻きひげがなにかにつかまりながら上に伸びていく言ってみれば人間の手のようなものでしょうか そしてひげにはスプリングという優れたものが出来 風が吹いても遊び部分のスプリングで体を支えているのです007  キュウリには大きなはっぱがいっぱいです ニックのおじさんが曰く 「はっぱは生産工場で ここで光合成が行われてキュウリを育てる栄養素が茎から送られる大切なものです」  ところがはっぱにはもうひとつ面白い働き・・・なんとカンカン照りの強い日差しからキュウリを守る日傘の役目をしているらしい・・・そういえばはっぱははどれも太陽に向いていることに気づきました004  キュウリでもそうですが トマトでも葉にも茎にも果実にも産毛がいっぱい生えていて空中からサボテンのように水分を吸収し ちょっとした病気を寄せ付けないし 虫もびっしり生えた産毛で弾き飛ばしてしまうのだそうです ほんとにびっくりです002 ミツバチは蜜を吸いながら雄花から雌花に受粉をして子孫を残すお手伝いです011 でもこれはいったい何者?・・・きれいと思うけどあつかましく大切な桃のはっぱにいたのでうれしくないです 018   

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

ベランダ菜園 2

ベランダ菜園のいいところは 台所からガラガラと戸を開けて一歩出れば 水遣りも収穫も可能ということでしょうか 一畳半ほどのスペースに持ち運びの出来る重さのプランターや鉢に虫のつかなさそうな野菜を選んで植えます よく旅に出るので 鉢の下に水受けを置いたりして留守の間の水遣りをしなくてもいいようにしますが ニックで好都合のプランターを見つけました 水が流れてしまわないように栓が付いているのです 留守にするときは栓をはめればOKという優れものです ダイソーでおもしろいものがありました 小鳥やカラスを寄せ付けない黒鷲の模型です 大切な「桃」を守るためにさっそく二羽買ってぶら下げました 初めのころは自分が「ギクッ!」としました 今では愛しのペットとなりました016  胡瓜は収穫が始まり 糠漬けに直行です 004 とまとは 「桃太郎」と「ミニトマト」・・・子どもたちの里帰りを待ちます014  葱は冷奴や味噌汁 牛丼に・・・015 しし唐は焼いておかおかまぶしで019 食する予定です 最後はブルーベリーの画像です 実の育ち具合がよくわかります(ちょっと小さい・・・最近は画像が大きくならなくて???) 見るほどに可愛い形です ニックのおばさん曰く 「ブルーベリーは二本側に無ければ結実しないので今年はいいけど来年 同じ品種でそろえて」・・・!?021

   

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

ベランダ菜園 1

三年前 友人から 桃の苗をもらいました 庭の桃の樹のそばから出てきたらしく ひょろっとした苗でした そのままの鉢で水と時々野菜のための肥料をやっていました 三年目の今年の春 花が咲きました002  もしかしたら 結実するかもと淡い期待を持ち 仔細に毎朝観察をしていました 花のなかを覗き込んでみると 確かに緑色の丸いものが「ぽちっ」と見え始めました071  花が枯れ始め 「ぽちっ」が少しずつ少しずつ大きくなってきました 今度は もしかしたら あま~い果実になって食することができるようになるかもしれないと熱い期待を持ち始めました003      「桃栗三年・柿八年・枇杷九年・梅はすいすい十三年・柚子のおおばか十八年」・・・以前職場の同僚から聞いたのが思い出され ほんとにそのとおりと実感しました

| | コメント (0)

2009年6月 2日 (火)

角の☆印弁当

毎日テレビの「ちちんぷいぷい」という番組を時々見ます 司会の角さんとセブンイレブンのお弁当スタッフが真剣に話し合いを進め 試食をしては「あーだ こーだ」言い合っているうちに5/27に予約販売の運びとなりました 数日後 あれだけ吟味して出来上がったお弁当はきっと美味しいに違いないと 食いしん坊の私は買いに行きました 人気ですぐになくなり予約をとっているほど・・・たまたま一個あったので購入 期待をこめて食べてみました・・・よくよく吟味しただけのことのある味・・・でした すきやきと大根おろしのコラボが気に入りました 塩飯おむすび&梅おむすび 黒毛和牛のすきやき 大根・筍煮(小松菜の翡翠あんかけ) わさび海苔と漬物 胡麻衣の海老フライ&青海苔衣のじゃがいもフライ 鶏とキャベツのはさみカツ・・・・九条葱や淡路島産玉葱などすべての食材にそれぞれの土地の特産品を使用しているところが心にくいところでした010 012 生卵のかわりに卵焼きが入っていました お弁当の卵焼きはまずいのに美味しい ので「へー」と感心しました  

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »