« 富士と桜の旅 6 | トップページ | せんこう花火 »

2009年5月13日 (水)

ベランダ菜園

033 前に植えた 絹莢の苗が小鳥のえさになり(メジロも)茎だけが残りました そのままにして様子を見ました わき芽が伸びて よその畑では絹莢がとまとに植え替えられる今はすっかり一人前になり 毎日収穫できるようになりました032 023

 035                        変なやつとお思いでしょうが 本人にとってはこのちいぽけな「朝の発見」が驚きであり 喜びであり 感動なのです 絹莢は味噌汁に 散らし寿司に入れました お昼には 「永谷園の松茸のお吸い物」を利用したパスタに入れて食する予定です 数秒茹でただけの匂いとシャキシャキ感がたまりません・・・たまたま今日の朝日新聞の「あいあい」に載っていました 新鮮な莢が擦りあうと絹ずれに似た音が出ることから絹莢という名前がついたとか・・・半信半疑でやってみたらなんとほんとに「キュッキュッ」と音がしました 可憐な花をつけたなよっとした茎やはっぱに紛れた絹莢が風に吹かれてキュッキュッなる様子はなんか風流です 

|

« 富士と桜の旅 6 | トップページ | せんこう花火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士と桜の旅 6 | トップページ | せんこう花火 »