« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月20日 (水)

せんこう花火

京都に出たとき いつも鴨川の畔で風に吹かれてぼんやりするのが好きです 葵祭の帰り 京阪の神宮丸田町駅のそばの鴨川で流れを眺めながらぼんやりしました 鴨が二羽やってきました 「仲のおよろしいことで・・・」 一羽が水面を鏡に見立てて(?!)身づくろいをはじめました058_35  しびれを切らしたのかもう一羽は先に泳ぎ去ってしまいました ・・・めだかぐらいのサカナが流れに逆らいながら泳いでいました トンボが一匹飛んできて 石にとまりました・・・少し飛んではまた同じところにとまります・・・南こうせつみたいによい人とは思わないけれど だから好きなのかも知れないけれど 大好きな吉田拓郎のお気に入りの歌「せんこう花火」みたいでした060_35

せんこう花火がほしいんです 海へ行こうと思います 誰かせんこう花火をください ひとりぼっちの私に 風が吹いていました 1人で歩いていました 死に忘れたトンボが一匹 石ころにつまづきました なんでもないのに ああ泣きました    

|

2009年5月13日 (水)

ベランダ菜園

033 前に植えた 絹莢の苗が小鳥のえさになり(メジロも)茎だけが残りました そのままにして様子を見ました わき芽が伸びて よその畑では絹莢がとまとに植え替えられる今はすっかり一人前になり 毎日収穫できるようになりました032 023

 035                        変なやつとお思いでしょうが 本人にとってはこのちいぽけな「朝の発見」が驚きであり 喜びであり 感動なのです 絹莢は味噌汁に 散らし寿司に入れました お昼には 「永谷園の松茸のお吸い物」を利用したパスタに入れて食する予定です 数秒茹でただけの匂いとシャキシャキ感がたまりません・・・たまたま今日の朝日新聞の「あいあい」に載っていました 新鮮な莢が擦りあうと絹ずれに似た音が出ることから絹莢という名前がついたとか・・・半信半疑でやってみたらなんとほんとに「キュッキュッ」と音がしました 可憐な花をつけたなよっとした茎やはっぱに紛れた絹莢が風に吹かれてキュッキュッなる様子はなんか風流です 

| | コメント (0)

2009年5月 4日 (月)

富士と桜の旅 6

早朝 1人でホテルを抜け出して 散策 鶯の鳴き声を聞きながら富士山をスケッチ(未完)しました027_35  ホテル近くで 反対から歩いてきた友人達と出会い「すごかったわよ!富士山が掴めそうだったわよッ!!」・・・と聞いたからには行かないわけにはいきません 土筆やタンポポをカメラに収めながら進むうち 目の前に バ~~ンと富士山がいきなり現れました029_35  演歌「富士」・・・富士山をてのひらで掴み・・・富士山にてのひらをのばし・・・と伸びやかな島津亜矢の歌声が聞こえてくるようでした♪ 「北富士駐屯地」のそばです ホテルでは 氷見産のコシヒカリの朝ごはんで食も進み 庭の赤松の樹からするすると下りてきたリスに話も弾み寝不足も年も忘れ もう一花咲きました 

長男さんが昨日の富士と桜のコラボの絶景の場所に連れて行ってくれました 逆光ではありません 富士と桜のコラボがくっきりと鮮やかでしっかりとデジカメにおさまりました「もういつ死んでもいいわッ!」友人がつぶやきました 車で夜を明かしたカメラマンや釣り人で賑わっていました036_35_2

コーヒータイムの後 女将(友人)が私を伴ってダンボールに入れたおにぎり弁当を絶景の場所に運びました 観光バスできている写生グループの昼食です 思い思いの場所で写生に余念がありません 「羨ましいッ!私1人ぐらい混じっていてもわからないかも!」・・・心にくい女将の配慮です

もう一度長男さんの運転で ドライブです 少し走ると正面に富士山が迫ります050_35_2  快適なドライブも山中湖半のキロロ公園に着いたときは一瞬息を呑みました 「もう一度友人の「もういつ死んでもいいわッ!!!」が聞こえ嗜める声もありませんでした ここの富士山は裾野が広がりゆったりとのびやかで 湖で釣りをする人とのコラボが心地よいものでした044_35 046_35

さて いよいよお別れです 長野から参加したご夫婦に「忍野入り口」まで送ってもらい 御殿場 沼津 静岡 京都と無事帰って来ました 京都は 緑も少し色濃く つつじも蕾をふくらませ春が進んでいました 

 

| | コメント (0)

h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

富士と桜の旅 5

「富士湧水の里水族館」でのんびりとサカナと遊びました 友人に連絡を入れると 「美味しいパンとコーヒーがあるからお昼にしよう!」ということでホテルにもどりました 昔話に花を咲かせているうち 同窓生が集まり始めました 今夜の夜桜の下見ということでご主人がマイクロにみんなを乗せて5分ばかり走ったでしょうか 降りたところは なんと 満開の桜と 富士山のコラボレーション・・・もう思い残すことは無いと思わず出た言葉でした023 自分のデジカメでは 逆光の富士山ははっきりしないのが残念 いいカメラがほしいと思いました025 026 藁で出来たとんがり帽子のようなものは 広げてみるとライトが入っていました 夜桜用のもので心にくい配慮です(ちゃんと元に戻してきました)  さて夕方みな打ち揃ったところで宴会が始まりました みな心配するほどの酒好き・・・忍野のこごみやのびる 蕗の薹などの山菜をさかなに 信州の金賞・・・新潟のくぼた・・・富山の立山・・・甲州ワイン・・・少しずつ飲み比べるほどに酔いもまわり 四階のカラオケコーナーで二次会です 「のう」ある鷹は爪を隠し「のう」無いカラスは爪を出しっぱなしで(私)夜更けのカラオケは続きます・・・たしか防音装置の無い会議室やったような気がします・・・外からは文句はありません 仲間内ではかなりのヤジも飛んでいたような気がします・・・あれっ?!夜桜はいついったのでしょうか!?それは見事で だれかが もういつ死んでもいいといってみんなから窘められていましたから行ったことは確かですが・・・ 

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

富士と桜の旅 4

美華ホテルの横 TBS寮の前から 河口湖行きのバスに乗車 左手の大きな富士といっしょに 15分ぐらいで 忍野入り口に到着 ここで乗り換えです 運転手に教えてもらったバス停で ぼんやりとバス待ち いつバスが来るのかどうでもいい・・・暖かい陽ざしと雑木林に身をおき鶯の鳴き声を聞いていると・・・いろいろな雑念が後頭部からすう~と溶け出して自分自身が無くなってしまうような心地よさを感じました バスが来たので聞いてみると「山尾田」には停まるという事で乗車 5分もしないうちに到着 さて今日のミニ同窓会の場所である高校の友人が嫁いだ「忍野高原ホテル」を掲示板で探しているうち 友人の息子さんの「お嫁さん」が迎えにきてくれました 友人は買い物で留守 1人で散策に出ました さかな公園のそばの水族館でイトウやチョウザメやアマゴをスケッチしました 三階では 「パソコンでサカナのお絵描きが出来ます 希望者は申し出てください」とあり壁に見事なサカナの絵がいっぱい展示されていました 特にこどもの作品はすごいと思いました 写真を下に挟んでなぞり色づけは自分でというソフトがあるということで 「旅の恥はかき捨て!」とばかり挑戦してみました066_35  サカナは泳いでいるのを見るのも 釣るのも 食べるのも 好きです 京都にもそのうち水族館ができるようで楽しみです 

  

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »