« やさしい水彩画 四回目 | トップページ | やさしい水彩画 10回 終了 »

2009年3月12日 (木)

玉露・茶器

026 昨日 念願だった玉露・茶器を買いました なぜ今頃玉露なのか・・・子どものころの父親のお茶道楽につきあわされた影響かと思われます 鉄瓶から「湯冷まし」に熱湯を注ぎ人肌より少し熱めに冷まして「急須」にいれ 手のひらに包み込むようにして 「こぶりの器」に順番に注いで差し出されたお茶はほんの少しの量 口に含むところころとまろやかで美味しかったことを覚えています その後何回か玉露を味わう機会はありました 自分でも 友人とでも 「日常的に」と願うようになりました 茶器はすべてこぶりなのに結構な値がつくので思い切りが必要です 麻生総理の給付金の話が出たときに「これや!」とネットやデパートや京都の街で捜し始めました なかなかありません 需要が無いのか「もの」がありません そしてたまたま覗いた京都高島屋の美術展で出逢ったのが「信楽焼きの茶器」でした 柳下季器氏の手になるものです・・・せめてこの茶器にふさわしく室内を整理整頓しようと思いました   ちなみに値段は18100円・・・0が一個足りないのではないかと確認したほど・・・美術展だから抑えてあると担当の方がうれしがらせてくれました(当市の給付はいつになるやら気配すら感じられません)  

|

« やさしい水彩画 四回目 | トップページ | やさしい水彩画 10回 終了 »

コメント

いい買い物しましたね。ゆったりと玉露を楽しむのもすごく贅沢な時間ですね。余裕を持って生活出来るのも今まで努力して頑張ってきたからとあなたのたゆまない好奇心を羨ましく思います。饅頭もっていくから玉露いれてね。

投稿: へいへい凡々より | 2009年3月13日 (金) 14時20分

玉露は温度で味が違うのでしょうね。なんでも暴飲暴食の私には少しを楽しむ事を教えてくれます。美味しいまんじゅうと玉露茶器で入れた玉露を楽しみにしています。

投稿: 平平凡々より | 2009年3月13日 (金) 14時50分

へいへい凡々さま 平平凡々さま コメントありがとうございます 部屋が整ったら連絡します(気長にお待ちください) 饅頭は 太るといけないから ほんの少しにしてくださいませ

投稿: ハイド | 2009年3月15日 (日) 17時10分

 「せめてこの茶器に合わせて部屋の整理整頓をしなければ...」という箇所でちょっとおかしかったです。やはり わびさびの世界、雰囲気ずくりは重要なポイントだと思います。

投稿: まったり | 2009年3月16日 (月) 12時42分

まったりさま コメントありがとうございます まことにそのとおりだと思います 心境としては そろそろ「無」に近いところで過ごしたいのですが なぜかすぐに「もの」があふれてきます しまいこむと どこになにがあるのかわからなくなるので「目」の見えるところに置くのでいっそうたいへんです 暖かくなったら「勝負」です

投稿: ハイド | 2009年3月17日 (火) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やさしい水彩画 四回目 | トップページ | やさしい水彩画 10回 終了 »