« 妻籠を散策 | トップページ | やさしい水彩画 四回目 »

2009年2月 6日 (金)

アコーディオンをうまく奏でられないピエロ 油彩 サム 

試行錯誤が続きます 油彩は何回でもやり直しがききます (デュフィのような画風ではそうもいきませんが) キャンバスの上に絵の具を載せてはしかめっ面で吟味します 膨らませてみたり へこませてみたり 伸ばしてみたり 縮めてみたり 色を変えてみたり しこしことこの作業をするときがお絵描きの至福のときといえるかもしれません 天才ではないから 試行錯誤の繰り返し どこでやめるかは そのひとの感性であり 力量といえるのでしょうか いろんな画をたくさん観ているうちに感性や力量が豊かになっていくような気がします005_35  007 002

|

« 妻籠を散策 | トップページ | やさしい水彩画 四回目 »

コメント

本当にピエロはお得意ですね!描くのが楽しくて仕方ないようですネこの調子でますます頑張ってください・21日の件メール届いたでしょうか?

投稿: makinonoobasann | 2009年2月 7日 (土) 15時30分

makinonoobasann コメントありがとうございます ピエロで人間の喜怒哀楽を表現できたらと思います いつかディフォルメができるように いまはデッサンをしっかり見につけたいです メール調べてみます

投稿: ハイド | 2009年2月 8日 (日) 15時33分

 どれも色次第でその絵の雰囲気が変わるものですね。 中央の絵は トランプのマークのような形が 木の葉を思わせるところがおしゃれですね。

投稿: レッスン 2 | 2009年2月10日 (火) 12時34分


レッスン2さん コメントありがとうございます 色々試してみますが 最後は じみなものになります 気持ちが落ち着くのです 

投稿: ハイド | 2009年2月10日 (火) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妻籠を散策 | トップページ | やさしい水彩画 四回目 »