« 5泊6日の四国の旅 高松 | トップページ | 5泊6日 四国の旅 四万十川 »

2008年11月18日 (火)

5泊6日 四国の旅 大歩危

大歩危は土讃線を走る特急「南風」で丸亀からほぼ2時間 高知県の山系に源流を持ち徳島の海に流れる間 四国山地をえぐって作られた深い峡谷です 平家の落人が隠れ住んだという秘境とのこと 切り立った屏風のような石の壁252  割いたチーズのような鋭い断面そのままの石が羅列する際を翡翠のような水が流れます253  足場を見つけながら慎重に水際まで降りて行きました 流れに手を入れて見ました さすがにひんやりしています じっと水面をみていると いろんなもやもやが水に溶けてしまうようですっきりした気持ちになります 流れに逆らいながら木の葉のようにお魚が泳いでいます 地味だったから多分「ハヤ」ではないかと思いました 野菊やきんぽうげが咲いていました261  大歩危峡舟下りを待つ人の列が峡谷に沿ってできていました255_2  今宵の宿は「ホテル大歩危峡まんなか」部屋からは紅葉の始まった山肌や流れが丸見えでした 「胃」がストライキをおこし せかっくのご馳走も受け入れられず 温泉に入って 平原綾香の歌を聴きながらただひたすらに寝ました 本当はシロクチカズラのつるを編んで作った秘境に架けられたかずら橋 断崖の際にたつ小便小僧 谷底にある祖谷温泉にも行きたいと思いましたが・・・またいつか出直しです 

|

« 5泊6日の四国の旅 高松 | トップページ | 5泊6日 四国の旅 四万十川 »

コメント

こんにちは~
遊びに来ました。
machiです。
夫のpcを借りてコメントを試しに入れたら、
上手くつながりました。

大歩危素敵ですね~
私は、一度近くを通っただけなので、
写真を見てあらためて神秘的な水の色と
鋭い岩肌の美しさに魅了されました。

お腹の調子が悪くて大変でしたね。
実は私も1週間ほど、
胃腸障害に苦しんでいましたよ。
食事もほどほど一番ですね。

投稿: machi | 2008年11月18日 (火) 18時08分

machiさま コメントありがとうございます うまくつながって よかったです!
大歩危の駅からホテルまで乗ったタクシーのおじさん「ここは なんもなくて・・・」私「なんもないのがうれしいです!」「そう言うてもろたら・・」  絶食状態の四国の旅はまだまだ続きます 気ままに

投稿: ハイド | 2008年11月19日 (水) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5泊6日の四国の旅 高松 | トップページ | 5泊6日 四国の旅 四万十川 »