« 信楽焼き | トップページ | 5泊6日の四国の旅 高松 »

2008年10月28日 (火)

没後80年記念 佐伯裕三展

裕三展もそろそろ終わりというときになって やっぱし行こう!と秋晴れののどかな日和に背中を押されて出かけてみました 環状線天王寺駅下車 公園を道なりに歩きます でも今までとなんか違います だらり着物のてぬぐいをかぶり一つのはしを口にくわえしなをつくり踊るおっちゃんの姿やカセットから流れる伴奏でカラオケを歌うおっちゃんの姿もありません そういえば少し前に追い出されたのでした テントで目隠しされ視界の狭くなった公園を楽しくないなーと思いながら歩きました159

裕三は30歳の短い生涯・・・活動の拠点はほとんどがパリ 日本には自分の画になるものが無いとすぐパリに帰ってしまったという・・・最近の日本を見たら気持ちも変わったかもしれませんが・・・有名なのは パリの街の広告や扉に描かれた落書の作品ですが 1928年なくなる少し前に描かれたモランの寺や黄色いレストランがなんか余分なものがそがれているようで好きでした それでも「アカデミックからぬけられない」のが裕三の悩みだったそうで そんな彼の息吹が感じらました 私がなぜか強烈に魅かれるのは 1924年に描かれた「立てる自画像」です この作品の後作風が激変したといううから 自分の内面との激しい葛藤がキャンバスに飛び出してできた「自画像」でしょうか                      

|

« 信楽焼き | トップページ | 5泊6日の四国の旅 高松 »

コメント

 彼の絵より前に 佐伯祐三の風貌に強い印象をうけます。これって私だけでしょうか?鋭い眼球と彫りの深い クールでニヒルな風貌イケメンかも。
 彼の絵も都会的なセンスでシャープでとても強烈な印象を受けますね。30歳の若さで亡くなっていますが ゴッホと同様 きっと 短い期間に燃焼しきったんですね。

投稿: ハード | 2008年10月29日 (水) 12時47分

ハード様 コメントありがとうございます
佐伯裕三の倍以上も生きているのに 作品の数さえ足元にもおよびません

投稿: ハイド | 2008年10月30日 (木) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信楽焼き | トップページ | 5泊6日の四国の旅 高松 »