« 清原と長渕 訂正 | トップページ | 信楽焼き »

2008年10月18日 (土)

東大寺奉納大歌舞伎 勧進帳

10/15 東大寺に歌舞伎を見に行きました 平城遷都1300年記念 松本幸四郎「勧進帳」1000回記念とおめでたいづくしです 近鉄丹波橋から急行で40分たらず 奈良駅から路線バスで数分の若草山の麓の奈良公園 秋晴れの陽ざしのなか 香ばしい(?)におい漂うなか 寄ってくる鹿としゃべりながらそぞろ歩きしているうち 南大門に着きました 久しぶりに大仏さんや 関西に暮らすようになって初めて知った「お水取り」の行われる二月堂などみました 歌舞伎は「勧進帳」しか知りません お正月にテレビでやっていて 父が「富樫は山伏一行が義経たちやと わかっとったがいちゃ!」とつぶやいたその言葉がみよおうに頭から離れず 山岡荘八の「新平家物語」で美男子の義経ファンになったこともあり見てみたいと思いました 大仏殿の前 東ブロック44列17番は正面に近いとはいえ双眼鏡は放せませんでした 隈取の白塗りの顔は よくみると 表情がとても豊か 面白いのは 安宅の関の守る富樫(染五郎)と偽の勧進帳を無事読み上げた弁慶と「丁々発止」のやり取りをする山伏問答でした 最後弁慶が飛び六方で花道を進むのは大任を果せた安堵感 と富樫への感謝で・・・弁慶の喜びの爆発の表現だそうです また見たくなるような気持ちになりました 臨時バスや臨時電車がうれしいしめくくりの一日・・・196

173_25 174_15 203

|

« 清原と長渕 訂正 | トップページ | 信楽焼き »

コメント

 唯一 歌舞伎で知ってるのはこの勧進張だけです。安宅の関でのこの場面は子供の頃から見てて涙、 涙 のいい話です。
 奈良は一日 のんびり過ごすのにとてもいい土地ですね。鹿を眺めながら公園を散歩し神社 仏閣でその時代 歴史に触れる。又何度でも足を運んでみたい所です。 

投稿: 鹿せんべい | 2008年10月20日 (月) 12時47分

美味しいカレーうどんを食べコーヒーを飲んでいるうちに この世のものとは思われない落日の様を見逃してしまったようです 開演前 前の座席のグループが「一瞬やったね!」「あんなん 見たこと無い!」「普段の行いがよかったんやね!」としゃべっていました ・・・くそっ!

投稿: ハイド | 2008年10月21日 (火) 10時03分

 羨ましい日々を お過ごしで何よりです。普段の行いが良くても 報われない事ってよくあるものです。

投稿: 鹿せんべい | 2008年10月21日 (火) 12時19分

 羨ましい日々を お過ごしで何よりです。普段の行いが良くても 報われない事ってよくあるものです。

投稿: 鹿せんべい | 2008年10月21日 (火) 12時27分

鹿せんべいさま コメントありがとうございました 気まますぎです だからできるだけ周りの人に親切な気遣いを忘れないでと思います

投稿: ハイド | 2008年10月22日 (水) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清原と長渕 訂正 | トップページ | 信楽焼き »