« 宇治平等院 | トップページ | 清原と長渕(長渕と清原) »

2008年9月16日 (火)

パソ絵 作品展

パソコンで井戸端会議が楽しい「パソボラ」に入れていただき一年あまり 「パソコンDeお絵描き」の第一回合同作品展がありました タブレットやいろんなソフトを使って みごとな形や色を出している作品があるなかで フィンガーペイントよろしく 人差し指だけでの製作の私の作品は こどもの落書きそのものです スケッチや水彩や油彩を描くときは線の勢いや形 色の載せ方に気持ちをこめることが少しはできます パソ絵はそこが難しいところで線が勝手に走り出してしまいます でも捨てがたい魅力も感じます 考え考え少しずつ進もうと思います 画像は自画像ですが 余分な「線」はすべて省きましたPhoto  

|

« 宇治平等院 | トップページ | 清原と長渕(長渕と清原) »

コメント

 フィンガーペイントは 線が伸びなかったり ゆがんでしまったり 折れたりして自分の意思通りにおさまってくれない所が 意外性があって それがとても良かったりして面白い作品になるかもね。

投稿: 魔法の指 | 2008年9月17日 (水) 12時52分

魔法の指さま コメント ありがとうございます ですよね 昔の壁画なんか とてもひかれるものありますもんね なにを描きたいかが見る人に伝えられることができるか・・・ものの名前ではなく気持ちを!

投稿: ハイド | 2008年9月18日 (木) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇治平等院 | トップページ | 清原と長渕(長渕と清原) »