« ふるさと自慢 3 | トップページ | ふるさと自慢 5 »

2007年10月10日 (水)

ふるさと自慢 4

006_40 氷見の海にせり出している 阿尾城址は2度目の登場です 18歳で氷見を後にするまで なにげに目にして暮らしていました 叔父が描いた阿尾城址が納戸にしていた三畳の薄暗い部屋の壁にかかっていていつも横目で見ていました  今回の写真で その城址に縦に亀裂がはいっているのに気づきました 「ワッ!大変!阿尾ン城が崩れるウ!」・・・織田信長に仕えた菊池氏のお城で 本能寺の変の後は 富山城主の佐々成政と七尾城主の前田利家の争いでは 利家につき 城の守りが堅く勝利したと 「阿尾伝承誌」に記してありました・・・阿尾城址の無い氷見の海は考えられません

|

« ふるさと自慢 3 | トップページ | ふるさと自慢 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143186/8322340

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと自慢 4:

« ふるさと自慢 3 | トップページ | ふるさと自慢 5 »