« ふるさと自慢 11 | トップページ | ふるさと自慢 13 »

2007年10月30日 (火)

ふるさと自慢 12

039 風光明媚と評判の高い雨晴海岸の夜明けです 左の低い岩の幾つかの突起は 海鳥たちです 「望遠の一眼レフ」やったらとちょっと残念でした

|

« ふるさと自慢 11 | トップページ | ふるさと自慢 13 »

コメント

まだ夜明け前の薄暗いこの一枚の写真の中に
少なくとも千年もはるか昔に生きた人々の歴史に思いを廻らせたり 今日迄 延々と途切れる事無く続く時の経過の重さを改めて感じています。必ずこうやって朝になるんですからね。

投稿: コンポーズ ブルー | 2007年10月31日 (水) 12時57分

いつまでもいつまでも これまでと同じように必ず陽がのぼり朝がくるように・・・

投稿: ハイド | 2007年11月 1日 (木) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143186/8678887

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと自慢 12:

« ふるさと自慢 11 | トップページ | ふるさと自慢 13 »