« 叔父の作品 | トップページ | 花 »

2007年2月21日 (水)

椿温泉 

Imgp0619 数年前 の12月末 長い間の憧れの椿温泉に行きました JR椿駅に降りても そこは 今は廃業のさびれた喫茶店があるだけ・・・迎えの車に乗って 少々心細く車に揺られて10分ばかりで 「椿楼」さんにつきました 案内された部屋 窓から見えたのは いまにも飲み込まれそうな勢いの冬の海がすぐそこまで迫っていました 海のすぐそばで育った私は 興奮で 体中の細胞が踊り始めました 飽きることなく飽きることなく・・・ようやく スケッチに気持ちが向かいました・・・もちろん温泉のすばらしかったこと とろり~とろり~と肌にまとわりつき 温泉好きにはこたえられませんでした  

 

|

« 叔父の作品 | トップページ | 花 »

コメント

この絵 油彩で描いたらどうですか。見たいですね。冬のおどろしい海と剥き出した冷たい岩肌 きっといいものできますよ>

投稿: ユーミン | 2007年2月21日 (水) 12時38分

う~ん 海はいつかは 油絵にしたいのですが まだまだ 手も足もでません そのうちに きっと・・・

投稿: ハイド | 2007年2月21日 (水) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 叔父の作品 | トップページ | 花 »