« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月21日 (水)

椿温泉 

Imgp0619 数年前 の12月末 長い間の憧れの椿温泉に行きました JR椿駅に降りても そこは 今は廃業のさびれた喫茶店があるだけ・・・迎えの車に乗って 少々心細く車に揺られて10分ばかりで 「椿楼」さんにつきました 案内された部屋 窓から見えたのは いまにも飲み込まれそうな勢いの冬の海がすぐそこまで迫っていました 海のすぐそばで育った私は 興奮で 体中の細胞が踊り始めました 飽きることなく飽きることなく・・・ようやく スケッチに気持ちが向かいました・・・もちろん温泉のすばらしかったこと とろり~とろり~と肌にまとわりつき 温泉好きにはこたえられませんでした  

 

| | コメント (2)

2007年2月17日 (土)

叔父の作品

Imgp0499 古い家の壁に 母の弟にあたる 彫刻を学んでいた叔父の絵が 何個か架かっていました 貧しい家の中で その絵はいぶし銀のように光を放ち 私の心を豊かにし まっすぐに育ててくれました 母の大好きな弟でした 「花の習作」など手元にありますが 「海岸から臨む阿尾の城址」はどこにいったやら いっしょに持ち帰らなかったことが悔やまれます 漁師町の網元に婿入り 慣れぬ漁師仕事に無理をして若くして病に倒れ亡くなりました 戦争が無かったら 叔父さんの人生も・・・・と ときどき考えます    (少し下部が切れました)        

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

生きる!

Imgp0627 京都三条のMOVIX京都で 映画「デス・ノート」を見た帰りだから 晩秋のこと・・・三条大橋の架かる ちょうど下あたり 鴨川の流れに段差があって ミニ滝状態になっています ミニ滝つぼのところで 鳥が 1羽 10分20分と冷たいしぶきの中に足をいれたま身じろぎもせずにいるのです   じっと流れを見ているようでもありました ちょっと よそみをして また 鳥に目を戻しました なんと くちばしに なにかを咥えているのです 太陽に きらりと光るそれは確かに 鮎! 高々と誇らしげに私に(?)披露した後飲み込みました  彼の 食事ということがわかり呆然としました ミニ滝つぼで目が回ったであろう鮎狙いの知恵と粘りに 感動で胸が熱くなりました     

 

| | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

水彩

Imgp0592 かなり前のことです 油絵サークルの仲間と 瀬戸内海に浮かぶ島 「ひなせ」に写生旅行に行きました 写生よりも 夕食の大皿に盛られた海の幸が印象的でした ぴょんぴょん跳ねているえびの皮を剥いてむしゃむしゃ食べるのですから  昼間の「絵」の不出来なことは どこかに消し飛んでしまい みんな満面の笑みでした 帰りは 画材を入れる大きなリュックは 瀬戸内の陽をたっぷり浴びた 夏みかんで はちきれんばかりでした 上着のぽけっともぼこぼこにふくらんでいました 「いくらでも もって帰っていいよ!」と言ってくれた者だから ついつい・・・あんなに美味しい夏みかんは いまだにお目にかかったことがありません

 

| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火)

久しぶりに ピエロ

Imgp0482 新しいパソコンになって 初めて SDの画像をとりこんでみました いままでの苦労はなんやったのかと思うほど あっけなくできました 十数年前からの作品がいっぱいです ときどき お口直しに 実像など入れながら どんどん公開していきます 厳しい目で 見てやってください このためにブログを始めたみたいなものです 試行錯誤のピエロ (8号)です

| | コメント (4)

2007年2月 2日 (金)

徒然なるままに・・・

Imgp0369 今朝 雪が積もっていたら タクシーで職場に行かなくてはと思い おそるおそる外を見ました 「よかった!」 「雪がない!」 バイクOKでした それでも 朝のうちと 昼ごろ 少し降りました いまは 青空です 画像は 鳥羽水族館の ジュゴンのアップです 悠然と 海草を食していました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »